どの不動産会社に依頼すれば売却できるかわからない

どの不動産会社に依頼すれば売却できるかわからない

不動産を売却しようとした時にどの会社に仲介を依頼すれば売却できるのかは、誰もが悩むことです。「初めて自宅を売却するなら情報を集めておくべき!」の記事で家を高く売る方法を少し紹介しましたが、どの不動産会社に依頼するかで売主が納得できる売却になるかが決まります。そこで不動産会社をどのように選べば良いかについて紹介していきます。

不動産会社を選ぶ3つの方法

買主を探して売却してもらう不動産会社を選ぶには、下記3つの方法をチェックした上で選ぶようにしてください。

①売却するエリアに強い不動産会社かどうか
②得意として不動産の種類について
③しっかりとして売却戦略があるかどうか

①売却するエリアに強い不動産会社かどうか

まずは、所有している不動産のエリアに強い不動産会社かどうかをチェックしてください。不動産会社によっては、依頼があれば少し離れたエリアであっても依頼を受ける可能性がありますので注意が必要です。

依頼するなら、売却エリアの不動産を多数売却してきた経験のある不動産会社に頼んだ方が確実に蓄積されたデータや経験に基づいた売却活動をしてくれるはずです。もしも売却エリアの経験の少ない不動産会社に頼んでしまったら、相場や査定価格も蓄積データがないので、間違った方向で売却活動を進める可能性があります。100%とは言えませんが、経験豊富な不動産会社に頼んだ方が売却が成功する確率は高くなるでしょう。

得意なエリアかどうかを確認する方法としては、ホームページを確認したり、店舗の外に張ってある物件資料を確認、または、来店して聞いてみるなどで確認することが可能です。昔はホームページが無い会社もありましたが、現在ではほとんどの会社が自社のWEBサイトを持っていると思いますので、扱っている不動産をチェックしてエリアを確認してみると良いでしょう。

②得意として不動産の種類について

所有不動産のエリアを得意とする不動産会社に依頼するのも大切ですが、その中でも得意としている不動産の種類についてもしっかりチェックしてください。不動産会社はどこでも同じと考える人がいまだにいますが、不動産と言ってもマンション、一戸建て、土地など様々です。自分の不動産がマンションならマンションの売却を得意としている会社に頼んだ方が成功する確率が上がります。また、マンションを得意としているなら、会社で扱う不動産もマンションが多くなるので、会社に集まる購入希望者もマンションを希望している人が多くなります。中には条件の合う買い手が居る可能性もあるわけです。売れる可能性が上がります。

戸建てに強い会社でマンションが売れないか?と言われると、そんな事はないと思いますが、マンションを多く売却してきた会社の方が売却活動の方法についても、無駄なく動ける可能性が高いです。絶対にどっちがいいとは言えませんが後悔しないようにする為には、自分の物件の種類と同じ不動産会社に頼んだ方が無難でしょう。

また、マンションか戸建てかもありますが、一人用の1Kが得意、ファミリー用が得意などもありますので、所有不動産と合う業者を選択するようにした方がよいです。

③しっかりとした売却戦略があるかどうか

売却するエリアが得意な会社、売却する不動産と得意分野の種類が同じかどうかをチェックしたら、最後にプラスして、しっかりとした売却戦略があるかどうかを確認してください。会社自体は条件をクリアしたとしても、自分の物件を担当するのは、会社の一営業マンです。営業マンの戦略が間違った方向で進めば、納得できる売却ができなくなってしまいます。

どのような人をターゲットとして売却活動をしていくのか?これまで似たような案件があったのか?あったならどのように売却活動を行い成功したのか?経験を踏まえて、どのような売却活動を行うのか?具体的な戦略があるかどうか確認してみてください。何も戦略なしで売却していったとしたら、必ず、値下げを提案され売却していくでしょう。せめて高く売れるように頑張った結果、良い買い手にめぐり合わず値下げだったのなら、まだ納得できます。何もせずに値下げしそうな会社とは契約しない方が良いでしょう。

最低限チェックした上で不動産屋を選ぶ

不動産会社を選ぶ方法を紹介しましたが、最低限上記の3つはチェックした上で選ぶようにしてください。また、最初から1社を選ぶのではなく、「情報を集める」「比較対象を作る」意味でも、複数の会社を候補にして話しをきたり査定してもらった上で決めるようにしてください。